失業保険 妊娠

本サイトはお役立ち情報サイトです。情報に誤りがある場合、遠慮なくご指摘下 さい。

メインメニュー

サブメニュー

失業保険を妊娠中にもらえるか

「失業保険」つまり「雇用保険」の対象者は、なんらかの事情のため勤務先を退職して、収入がなくなってしまった人です。
そのため、退職してすぐに別の就職先がある場合は除外されます。

また、実際に失業保険の受給が開始される時期や期間などは個々の年齢、勤務年月、退職事情などにより違います。
受給できる金額は勤めていたときの給料をもとに計算されますが、受給期間中は収入とみなされますので、扶養対象にはなれません。

失業保険受給に関する手続きは「ハローワーク」(職業安定所)で行いますが、それと同時に自分も積極的な求職活動をすることが条件になります。
もちろん、ハローワークから仕事を紹介された場合、すぐに働ける状態にあることです。

そのため、妊娠、出産、育児に関わっている人、会社役員や自営業の人は就職できない状態だとみなされます。
しかし、働けない正当な事情がある場合は、受給期間を延長してもらうことができます。
妊娠中の失業手当の受給、延長方法など、また、妊娠と退職時期との関係、扶養との関係などケースバイケースで手続きもいろいろあります。

また、「育児休業給付金」や職場復帰後の「育児休業者職場復帰給付金」も見逃せない大切なものです。
このサイトでは、こういった失業保険と妊娠の関係についてまとめてみました。

※「失業」の条件の主なものは下記のとおりです。
1、積極的に就職しようとする意思があること 2、身体的・環境的にいつでも就職できる能力があること 3、自営業者など、就職できない状態にあること。

広告

キャッシングを比較しているサイトです。

キャッシングの総合情報サイト e-キャッシング

キャッシングの審査や返済方式についてのコンテンツもあります。